速報!!!
​Mirai CHANNEL on LIVE 開催決定!
2020.12.18〜20 @ 下北沢ザ・スズナリ

伝統芸能、ミュージカル、演劇、ダンス、クラシック、トーク、スタッフワーク・・・

ちょっとずつ、いろんなジャンルの舞台芸術に触れて欲しいという願いを込めて、

Mirai CHANNELがPCの画面から生の舞台に飛び出します!

「舞台芸術を未来に繋ぐ基金=みらい基金」を通じて繋がった舞台芸術関係者が集まるコラボレーション・イベントとして、

「Mirai CHANNEL on LIVE」を実施します。そして、そのような場を設けることで、できるだけ多くの方に普段触れることのないジャンルを体験してもらいたいと考えています。

 

“たくさんの方にジャンルを跨いで舞台芸術を楽しんでいただきたい!”

それが舞台芸術を未来に繋げる次の一歩と考えました。

それがMirai CHANNELのオフライン・フェス=「Mirai CHANNEL on LIVE」

1公演の中に舞台芸術の楽しみを詰めました!

 

Mirai CHANNEL on LIVEの売上から出演者へスタッフの支払いを終えて残った利益は1月に設立される「社団法人 未来の会議」の原資となる予定です。ご観劇・ご視聴によるご協力どうぞよろしくお願いします!

​【イベント全体概要】※GoToイベント対象公演

• タイトル:Mirai CHANNEL on LIVE

• 日程:2020年12月18日 (金)~ 20日 (日) 全5公演

      12/18 (金)  19:00 

      12/19 (土)  13:00/18:00

      12/20 (日)  13:00/18:00

• 会場:下北沢ザ・スズナリ *ライブ配信実施

• チケット価格:来場=4000円、配信=2500円

• チケット発売開始:2020年12月1日(火)19時受付開始

 

配信チケット販売開始 : 2020年12月11日(金)10時発売開始 

• チケット取り扱い:カンフェティ http://www.confetti-web.com/miraikikin

※「GoToイベント」対象公演(来場のみ)のため、Webのみの受付となります。

  お電話での受付対応は行っておりません。

• ライブ配信:Streaming+ https://eplus.jp/mirai-streaming/

※48時間見逃し配信付き

• お問合せ:pr@butainomirai.org

【本公演の座席配置及び感染症対策について】
令和2年9月19日からイベント開催制限が緩和されていますが、本公演は現状の新型コロナウイルスの感染状況を鑑み一席飛ばしの座席配置で上演する予定となっています。
出演者・スタッフともに十分な感染症対策を行って上で公演に臨んで参りますので、ご来場のお客様におかれましても、新型コロナウイルス感染拡大予防への取り組みにご協力をお願い申し上げます。
以下、ご来場の皆様へのお願いです。
 
【下記に該当する方は、ご来場をお控えください 】
(1)平熱と比べて高い発熱(平熱より1℃以上もしくは37.5℃以上)や、咳、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、関節・筋肉痛、下痢、吐き気、嘔吐、だるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方、その他、体調に不安がある方。
(2)新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある方。
(3)過去2週間以内に入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある方。
 
【ご来場時のお願い】 
(1)マスクの常時着用にご協力ください。 ※マスクを着用でない方の入館はご遠慮いただきます。
(2)咳エチケットやこまめな手洗い、手指消毒にご協力ください。
(3)ご来館の際は、お時間に余裕を持ってお越しください。
(4)整列や入退場、移動時等のソーシャル・ディスタンスの確保にご協力ください。
(5)大きな声での会話はできるだけお控えください。
 
【その他のお願い】
(1)贈り花、プレゼント、お手紙等はご遠慮ください。
(2)出待ち、入り待ち、面会等はご遠慮ください。
(3)事前またはご来場時に新型コロナウイルス対策として個人情報を取得させていただく可能性があります。

公演③ 12月19日(土)18:00

●落語を1席

高橋岬(Marketing-Robotics クリエイティブチームリーダー)
田中亮大(Marketing-Robotics代表取締役)
越ヶ谷泰行(コミュニケーションクリエイター)
●コンテンポラリーダンス
佐藤 弘隆 - 田中.jpg
●ミュージカルの調べ
伊礼彼方 2019.jpg
藤岡正明.jpg
森俊雄・写真.jpg
●能×クラシック
ShimizuKanji2.jpg
石貝梨華(チェリスト)

※出演者及び出演順は予告なく変更される可能性があります。

森俊雄(エレクトーン奏者)

■12/20(日)14時発信
 以下の皆様はご出演ができなくなりました。ご了承ください。

  • 12/19(土)18:00公演にご出演予定だった塩田明弘さん(指揮者・音楽監督)は、諸事情により出演が叶わなくなりました。楽しみにされていた皆様にはお詫び申し上げます。尚、「オペラ×ミュージカル」コーナー自体は予定通り実施いたします。 

  • 12/20(日) 18:00公演にご出演を予定していた「水中散歩」さんはご出演ができなくなりました。PCR検査の結果、出演者は皆さん陰性となりましたが、関係者に濃厚接触者が出たため、大事をとっての措置となります。尚、当公演(12/20(日) 18:00公演分)自体は予定通り実施いたします。ご理解の上よろしくお願いします。 

  • 12/20(日)18:00公演にご出演予定だったダンドイ舞莉花さん(俳優)は、諸事情により出演が叶わなくなりました。
    楽しみにされていた皆様にはお詫び申し上げます。
    尚、「ミュージカルの宴」コーナー自体は予定通り実施いたします。

​出演者変更のお知らせ
  少しずつ、未来を集めて「社団法人 未来の会議」始動

このイベントのもう一つの意味、

それは「舞台芸術を未来に繋ぐ基金」が「社団法人 未来の会議」として生まれ変わるためのファンドレイジングです。

 

2020年4月に立ち上がった「舞台芸術を未来に繋ぐ基金」(以下みらい基金)は、120日間のクラウドファンディングで約5600万円の寄付金を集め、合計162の個人または団体の活動を助成、「コロナ禍で困窮する舞台芸術関係者を支援する」という当初の設立目的を達成しました。

そして2020年12月、みらい基金は新たなフェーズに向けて動き出します。

 

みらい基金では、設立当初より助成に並び舞台芸術の「自助」の仕組み作りも大きな目標として掲げてきました。そして、120日間の活動を通して見えてきたものは、そのためにはまず舞台芸術が社会の中で文化産業としての認知を得てファンと成長していくための仕組みを、腰を据え時間をかけて作っていかねばならないということでした。そこで、この仕組み作りを実行に移すために 、 2021年1月に新たに「社団法人 未来の会議」を設立します。

「社団法人 未来の会議」の活動は以下の3つを柱とします。

 

• 舞台芸術関係者向けサービスの提供(法務・税務相談、書類雛形の提供等)

• 若年層の創客のためのカルチベート・チケット制度の拡大

• ファン層向けサービスの提供(公演カレンダーサービス等)

理事には、みらい基金発起人の宋元燮と杉本宏、賛同人代表の板垣恭一と伊礼彼方、基金賛同人の藤田香織(弁護士)が就任し、同じく基金賛同人の金井路子(株式会社グロースエンジン代表)が事務局長として運営にあたる予定です。